自己破産で帳消しに by 減らない借金は債務整理で減らせるようにしよう!

減らない借金は債務整理で減らせるようにしよう!

自己破産で帳消しに


「自己破産で帳消しに」の画像イメージです。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼した場合、どうにかして依頼主が謝金を返済できるようにするために、弁護士や司法書士は必死になって借金と向き合ってくれます。
その結果、今までどこにどうやって返済すればよいのかわからない、というような状態になっていた借金も、きちんとした返済ができるように整理されていき、非常に簡単に返済を進められるようになるのですが、借金総額が膨大な金額になっており、どうやっても返済できる見込みが無い、という判断を弁護士や司法書士が下す場合も少なからずあります。
そのような時、弁護士や司法書士は有る物を行ったほうが良いかもしれない……と告げてきます。
それは「自己破産」というものです。

この自己破産がどういう物なのか、ひとことで言うと「借金を全て帳消しにできる制度」です。
そのため、この自己破産を行うことによって、今まで億単位の借金が合った人も、自己破産手続きを行い、真性が通ればその段階で借金が0円になるのです。
なので、この自己破産というのは借金返済方法の最終手段である、と言われることもあります。

そのため、非常に便利な借金の返済方法である……という風に思う人もいるかもしれませんが、この自己破産にはそれ相応のデメリトットがあります。
そのデメリットの中でも特に大きなものに全財産の没収、そして社会的信頼・信用を一時的に無くしてしまう……と言うものがあります。
自己破産を行った場合、手持ちの財産を全て没収され、生活に必要最低限のお金などしか手もとに残らない、という状態になってしまいます。
そして、自己破産を行ってから数年間は社会的信頼・信用が無くなってしまうため、クレジットカードを作ることが出来ない、というようなデメリットがあるのです。
なので、自己破産を行う際にはきちんとデメリットも把握した上で、自己破産をするのかどうかを考えるようにしましょう。